Loading...

第33回 MOA美術館江別児童作品展

2023年度

【作品展】
令和5年10月21・22日
場所:江別市セラミックアートセンター
※全応募作品展示
【移動展】
令和5年11月6日~25日
江別市立病院1階
※入賞作品の一部展示・・・絵画11点 書写11点

今年は、市内13校より、絵画463点 書写479点 計942点の応募があり、展示日2日で約1000人の方々(作業の為のボランティア含む)の来場をいただきました。
そして、北翔大学の学生約25名 一般50名のボランティアの方々、協賛してくださった各企業・個人の方々、そして、江別市セラミックアートセンターの物心両面の多大なご協力により終えることができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

【移動展でのコメント】
・とても自由で動きも色も豊かで見ていて幸せな気持ちになりました。
・皆さんどれも上手びっくりしました。習字もすごく上手で楽しかったです。3才の娘も目をキラキラさせながら展示を楽しんでいました。
・本当に小学生?見ていてびっくりするほど上手な作品が多くて驚きました!
わたしが小学生の頃こんなに書けなかったびっくりま仕事で疲れていたけれど、少し元気になれました。皆のように、私も、また、明日からがんばります。😊24才のおねえさんより

応募について

対象 ★★ 2023年の応募は終了しました ★★

「絵画」「書写」両部門ともに、対象は小学1年生~6年生で1人1点です。

【絵画の部(平面作品・版画を含む)】
・ 四ツ切(39.4cm×54.5cm)又はB3(36.4cm×51.5cm)サイズ以内
※八つ切り作品など作品が小さい場合は四つ切り画用紙に貼ってください(四つ切用ポケットに入れて展示するため)
・水彩絵の具、パステル、クレヨン、カラーペン等
※厚紙は不可
・版画の場合、作品が小さい場合は台紙に貼る

【書写(毛筆のみ)の部】
・氏名はフルネームで左側にお書きください。
・作品に学校名や学校印など無いようにしてください。
・文字数は自由です
・用紙は半紙サイズのみ

※募集に当たってお願い
◎出品作品は全作品江別市セラミックアートセンターに展示します。
◎作品に添付していただく作品応募カードも作品とともに展示します。作品応募カ-ドの「思ったこと」の欄には、作品への想いや感想等書いてください。(「思ったこと」の欄は書いても書かなくても良いです。)
◎上位入賞者作品は、まちづくりへと繋がる児童作品展となることを願いに江別市立病院に11月6日~25日の間展示の予定です。
◎上位入賞者については、新聞等で賞名・学校名・学年・名前が掲載されたり、MOA美術館児童作品展江別のホームページ掲載されることがありますのでご了解ください。もし、不都合がありましたら、応募時に担当の者へお知らせ願います。
◎応募者からの個人情報は、MOA美術館江別児童作品展に関する連絡・発表・通知・発送・案内等以外には使用いたしません。

※応募に当たって各学校の先生へのお願い
◎応募カードの添付の仕方
絵画→作品右下横ギリギリにセロテープで貼る。
書写→作品の上部にクリップで留める。
◎作品一覧表を作成し提出願います。
・一覧表は、できるだけ、氏名・読み仮名・学年・題名(書写の場合は書いた文字)をエクセルで作成し、メールしていただくと助かります。(応募時には、必ずプリントアウトし作品とともに提出してください。)
※担当がお持ちした一覧表に手書きで提出していただいてもよいです。

応募作品

テーマ ★★ 2023年の応募は終了しました ★★

テーマは自由です。
北海道らしさ、地元の特色をとらえた作品をお待ちしております。
※いずれも未発表の作品に限ります
応募方法 ★★ 2023年の応募は終了しました ★★

小学校へ提出してください。
個人で応募する場合は、学校から作品応募カードをもらって学校を通して応募してください。(※個人の場合、締切に限らず早めにお出しください)

★応募期間
7月1日~8月29日   
★応募締め切り
8月29日


絵画:トマトを収穫する私/書写:広がる夢

ボランティアの募集

ボランティア内容としては、審査会のサポート、展示の準備、表彰式のお手伝い等がございますが、詳細については、担当者までご連絡をお願い致します。

展示日 2023年10月21日~2023年10月22日
展示会場 江別市セラミックアートセンター
表彰日時 2023.10.22
表彰式会場 江別市セラミックアートセンター

お問い合わせ先

第33回MOA美術館江別児童作品展実行委員会
TEL:011-383-3266  担当:山崎 隆志
MAIL:moa-ebetsu@moa-inter.or.jp